譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

44歳

 とても大きな変化の中、44歳を迎えました。
働き始めて20年目にして、はじめて、長という肩書がつきました。

これまでは誰かの後ろについていれば良かったのが、自然と前に立つことになる。
これまでは自分のことを考えていれば良かったのが、自然と他の人のことに関わることになる。
これまでは他の人の評価は気にしていなかったのが、自然と他の人を評価する立場になる。
院長になって、これまでと全く逆のことがたくさん起こりました。
 
父は、なにも無いところから一代でフクヤマ外科を、そして譜久山病院を作り上げました。
兄は、西明石の譜久山病院から 新築移転した ふくやま病院へ生まれ変わる決断と実行をしました。
二人は、もうすぐ44年になるふくやま病院の歴史を作ってきた院長としての先輩であり、心から尊敬しています。敵わないな、とも思います。

でも、自分は自分。
僕が考える院長の役割は、「健康的で明るく豊かな地域社会を築き上げる」という目的に向かってみんなで力を合わすことができるように、目標を明確にし、環境を整え、責任をとること。
院長、といっても、部下がたくさんできた、という感覚はありません。
指示する対象の部下、ではなく、協働するスタッフがたくさん居てくれる。
院長として、スタッフが医療人としての誇りと自覚をもって活躍できるようにサポートします。

医者になって20年目。
65歳まであと20年。
医者としての人生のちょうど折返し地点に来ました。
これまでは自分の成長に多くの時間をつかってきましたが、
これからはふくやま病院と医仁会の成長により多くの時間をつかっていきます。
そして、健康的で明るく豊かな地域社会を現実のものにします。

仕事を通じて、社会のお役にたてることほど幸せなことはありません。

こんな決意ができるように育ててくれた家族に感謝し、
何よりも、僕を産んでくれた母に感謝します。

おかあさん、
44年前の今日、僕を産んでくれてありがとう。

[PR]
by fkymhts | 2017-12-05 22:56