譜久山仁 の 第3診察室

shinsatsu.exblog.jp
ブログトップ

糖尿病教室のご報告とご案内

譜久山病院では糖尿病教室を5月、9月、12月ごろの年3回開いています。
c0029677_18545721.jpg

病院ホームページでは、
ドクターコラムとして、5月27日(火)に食事会形式で行った「野菜たっぷり500kcalランチ」のご報告と、9月30日(火)15時から16時を予定している「フットケア」のお知らせを載せています。

譜久山の家内が記事を書いています。
写真もあるので、ぜひ見てみて下さいね。


_
[PR]
# by fkymhts | 2014-07-20 18:50

手作り感いっぱい、愛情いっぱい

消毒しない キズの治療 湿潤療法 。
ずいぶん多くの方に知って頂けるようになりました。
譜久山病院では、できるだけ通院せず、ご自宅で治療ができるように、患者さんへの説明に力を入れています。

そのお役に立てるのが、
c0029677_20355512.jpg

手作り感いっぱいのこのポスター。
外来スタッフの愛情、伝わりますように。
病院の処置室に来られたら、ぜひ見てくださいね。


_
[PR]
# by fkymhts | 2014-06-22 17:04

支えるってそういうことだったんだ

c0029677_17191868.jpg

お年寄りを、
介護が必要な対象とだけ捉えがちですが、

社会資源となれるようにお年寄りを支え、そのお年寄りが地域を支える。
お年寄りの社会参加を支えることにより、お年寄りは地域社会から感謝され、役割や生きがいを感じることができる。

そんな素晴らしいミッションを持つ、小規模多機能施設 おたがいさん や、デイサービス、グループホームなどのあおいけあ 施設をしっかり見学させて頂きました。

加藤さん、ありがとうございました。
健康的で明るく豊かな地域社会が、現実味を帯びて見えてきました。



_
[PR]
# by fkymhts | 2014-06-20 17:09

家での暮らしを支える勉強

c0029677_8525573.jpg

富士山がとってもきれいな、5月の晴れた日に、東京へ向かっています。
今日、明日と、第3回 在宅医療認定医 講座 part2を受講します。
c0029677_8525627.jpg

2日間、みっちり勉強です。

4月のPart1 6月のPart3と合わせて、全6日間。

家で安心して過ごせるような、
「健康的で明るく豊かな地域社会を築き上げること」を目指して、がんばります
_φ(・_・
[PR]
# by fkymhts | 2014-05-10 08:38

息吹

今日から新しい年度ですね。

c0029677_814365.jpg


木の芽にも、新たな息吹を感じます。
譜久山病院は40回目の春を迎えます。

実りある一年にしていきましょうemoticon-0105-wink.gif
[PR]
# by fkymhts | 2014-04-01 08:08

今日は名古屋へ見学です_φ(・_・

今日は当直明け、院長先生に早めに当直業務を代わって貰い、病院を出て10分後には名古屋行きの新幹線の中。
c0029677_8544421.jpg

以前からとても見に行きたかった、笑顔のおうちクリニック の見学です。

「あんしん笑顔ネットワーク」という、ボタン一つでヘルパー・看護師・医師がかけつける24時間対応のサービス
http://www.chatwork.com/ja/case/ouchiclinic.html
が、今日の目的です。

見学と素敵な出会いがとても楽しみです。emoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by fkymhts | 2014-03-28 08:47

譜久山病院 ホームページが変わります!

譜久山病院ホームページの写真が変わりました。
c0029677_629637.jpg

スマートフォンで見やすい画面になり、トップページの画面をタッチするだけで、電話やメールなどで病院へ連絡することができます。
診療時間や病院への行き方もタッチするだけですぐ見れて、とっても便利。
これからもみなさんのお役に立てるホームページを作っていきます。

ぜひ、見てみて下さいね。
ふくやま病院
http://www.fukuyama-hp.jp/sp/index.html

メールでのご意見もお待ちしています
m(_ _)m
[PR]
# by fkymhts | 2014-03-24 06:03

組織活性化のために

3月22日に、日本青年会議所 医療部会 3月例会で、済生会 福岡総合病院 院長 岡留 健一郎 先生のご講演を聴きました。
c0029677_2237839.jpg

組織が活性化するには、中間管理職の協力が不可欠で、それぞれのメンバーが何をするのかについて、自分達で考え、実践することが必要、ということが心に残りました。
c0029677_2237838.jpg

懇親会では普段お世話になっている先生など共通に存じ上げている方の話題などで盛り上がりました。
とても勉強になり、また励みになった出会いでした。
[PR]
# by fkymhts | 2014-03-23 22:23

高いところから

いつも礼儀正しい病院スタッフのKさん
階段を降りて来られる時に、すれ違いざまにご挨拶すると、
「これは高いところから申し訳ありません」とのお返事。

そうきましたか σ^_^;
クスリと笑ってしまいました。
[PR]
# by fkymhts | 2014-03-18 21:49

当直

 今日は当直。
家族と離れて過ごす夜です。

 小学校3年生の長男が学校の作文に、
「ぼくは、お母さんのような内科医になりたいと考えています。
お父さんの方は、当直が多くて忙しそうなので、ぼくもお父さんのようになれるか心配です。」
と書いていました。

 うーん。
子供心にも外科医は3Kに見えるのでしょうか。

でも、
 「ぼくが、鉄ぼうで頭をぶつけた時も、ガラスに鼻をぶつけてけがをした時も、大きないすが落ちてきて左足の親指のつめがわれたときもありました。
その度に、全部お医者さんに治してもらってとても感謝しました。」
と、すべて外科医(うち2回は僕が治療しましたが‥)にお世話になっている長男。

 果たして、どのような道に進むのでしょうか。

父に子供の時に数限りなくケガを治してもらい、
父と同じ外科医の道を選んだ僕としては、
とても楽しみです。
[PR]
# by fkymhts | 2014-03-10 05:00 | 診察室のひとりごと